看板画像
フライングディスクゴルフ

フライングディスクゴルフとは?

フライングディスクゴルフは、ボールのかわりにディスクを投げ、専用のゴールに、何投で入れられるかを全18ホール(または9ホール)のトータルスコアで競うスポーツです。

主な用具

フライングディスク・・・固いプラスチックの材料でつくられた円盤状の飛行物。 直径21~40cm、重さ200g以下であれば何枚のディスクを使い分けてもよい。

ゴール・・・直径65cm、高さ140cmで投げたディスクが上部の鎖に当たると、下のバスケットに落ちる仕組みになっている。

マーカーディスク・・・投げられたディスクをマークするミニディスクのことで、一般的には、通常のフライングディスクを代用している。 ゲームを簡単に行う場合は、マーカーディスクを省略することもある。

フライングディスクゴルフ特徴

  • ディスクをある程度投げれるようになったら、すぐにコースに出ることができる。
  • 運動量があまり多くなく、年齢や性別に関係なく楽しめるスポーツである
  • 人数に関係なく楽しめることが出来る。 (通常は4人1組)

ゲーム

  • 1投目はティー・ラインの後ろから投げ、2投目以降はディスクが止まった地点にマーカー・ディスクでマークをし、そこから投げます。
  • ディスクは転がしてもすべらせても構いません。また何枚かのディスクを用意し、状況に応じて1投ごとにディスクを使い分けることもできます。

 フライングディスクの詳しい進行・ルール

貸出用個数

プラスティックゴール・・・7台
ディスク・・・50枚

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの先頭へ戻る