看板画像
チャレンジ・ザ・ゲーム

チャレンジ・ザ・ゲームとは?

3~12人程度のグループで、年齢や性別などの制限もなく、いつでも誰でも行える「記録への挑戦ゲーム」である。地域・職場のレクリエーションとしても行える。

主な用具

ロープジャンピング/キャッチ・ザ・スティック/バンブーダンス/リングキャッチ/サークルジャンプ

主なルール

  •  ロープジャンピング:長縄跳びを10人で3分間何回跳べるかを競う。
  • 一斉ジャンプ:長縄跳びを3人以上で何回跳べるかを競う。
  • キャッチ・ザ・スティック:10人で16本のスティックを何回持ち替えられるかを競う。
  • バンブーダンス:6人で長い竹の棒2本の間をリズミカルに何回跳べるかを競う。
  • バンブータイムレース:3人で長い竹の棒2本の間を2分間で何回跳べるかを競う。
  • リングキャッチ:10人で輪を投げ合い、全員で何回キャッチ出来るかを競う。
  • サークルジャンプ:7人が回っているロープを何回ジャンプ出来るかを競う。

チャレンジ・ザ・ゲームの詳しいルール

貸出用具数

  • キャッチ・ザ・スティック:3セット  ※1セット16本入り
  • バンブーダンス:3セット
  • リングキャッチ:3セット  ※1セット黄5個・オレンジ5個
  • ロープジャンピング:8セット ※長い縄→5本・短い縄→3本
  • バージャンプ:3セット
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの先頭へ戻る