看板画像
バウンドテニス

バウンドテニスとは?

持ち運びのできる幅の狭い(3m×10m)人工芝のカーペットコートを使って行う。日本生まれの新しいテニスです。
ルールはテニスとほぼ同じですが、サービスは1回で腰より下の位置で、打球しなければなりません。シングルス、ダブルスのゲームのほか、規定時間内にどれだけラリーが続けられるかを競うゲームもあり、子供から高齢者まで気軽に、省スペースでどこででも楽しめるスポーツです。

主な用具

ラケット・・・テニスのラケットより短い専用ラケットを使用する。全長50cm。
ボール・・・軟式テニスのボールより一回り小さいゴム製ボールを使用する。
コート・・・大きさは、幅3m、長さ10mの長方形で、通常は体育館の床に人工芝コートを設置する。組立式ネットの高さは50cm。

ゲーム方法

シングルス戦、ダブルス戦とラリー戦の3種類がある。

  • シングルス戦:1対1
  • ダブルス戦:2対2
  • ラリー戦:6人1チーム 3対3のラリー

バウンドテニスの詳しいルール

貸出用個数

コート・・・2面
ラケット・・・17本

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの先頭へ戻る