看板画像
タスポニー

タスポニーとは?

タスポニーは、1981年4月、熱海YMCAにおいて誕生した。
長方形のコート内で、中央に張ったネットをはさんで、直径17cm、重さ50gのスポンジボールを素手で打ち合って楽しむスポーツ。

主な道具

ボール:黄色・ピンクのスポンジ製。 ボール直径17cm、重さ50gを標準とする。1.5mの高さからコートに落とした時、25~35cmまでの高さにバウンドするものを標準とする。

ネット:緑色で上端には幅7cmの白布をつける。 長さ4.5m、幅80cmで、5.0mバーに通したものが標準である。 高さ70cm。両端で水平に張り、下端はコート面に接地させておく。
専用支柱

主なルール

テニスコート4分の1程度の広さのコートで行います。
右手・左手・手の平や甲を使って相手コートに打球する手軽なゲームであるが、両手を同時にそろえて打つと反則になる。
3ゲーム制の場合、2ゲーム先取した方が勝ちとなる。

タスポニーの詳しいルール

貸出用個数

4セット
※1セット(支柱・ネット・ボール4個)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの先頭へ戻る